お知らせ

No Image

国際交流LEVELアップる(令和3年4月21日配信)

国際交流LEVELアップる(令和3年4月21日配信)

■□■□■□■□■□■
〈青森市メールマガジン〉
■□■□■□■□■□■

 ダゲホー(台湾語の皆さん、こんにちは)
 初めまして、令和3年4月1日から青森市役所に勤務することになりました、台湾出身の国際交流員、呉 詠心(ウ ヨンシン)と申します。

 この度、国際交流員として青森市と台湾の架け橋になることができて、本当に光栄だと思います。では早速ですが、自己紹介させていただきます。

 私は2015年9月に来日し、東京の大学に入りました。在学中に台湾留日東京同窓会に参加し、SNSの運営を担って、関東地方の台湾人留学生のために日本生活をサポートしました。

 そして、大学三年生の時にはイギリスで一年間の交換留学をしました。留学先はロンドンから電車で30分くらい、レディングという小さい町でした。学校でスイングダンスのサークルにも参加し、リンディホップを学びました。

 青森市でジャパンブルースフェスティバルが開催されると伺い、ぜひ参加したいと思います!ジャズを聴きながら、踊りたいですね(ブルースは踊れませんけど、笑笑)
 また、旅行が好きなので、学外の時間には旅行でヨーロッパ一周をしました。

 これまで色々な地域に住む経験がありましたが、青森のような冬にいっぱい雪が降るところは初めてです。南国出身の私にとって、冬の厳しさは正直に言って想像がつきません。割と雪はあんまり見たことないので、わくわくです(考えが甘すぎますかね?(笑))
 もちろん、青森の美しい四季、美味しいグルメ、楽しいイベントなどを体験できるのも、とても楽しみにしております。

 ここで話題をちょっと変えます。私は青森市に引っ越して来たばかりなので、まだ新生活の準備を整えています。新しい家具や家財を購入しているうちに、レシートや領収書を結構いっぱいもらいました。普段お店で、レシートはいらないと断る方も多いでしょう。

 さて、ここで台湾の豆知識!!!

 台湾のレシートにはなんと、「宝くじ」が付いています!

 どうしてかというと、昔、台湾の政府は脱税行為を防ぐため、レシートの発行を促しました。そこで統一発票という公的な領収書が誕生し、それを普及するため、宝くじを導入するというアイデアから始まったそうです。

 宝くじがあるレシートであれば、消費者もレシートが欲しくなり、企業側がレシートを発行しなければなりません。この方法でレシートの発行率が向上し、税収も一気に上がったようです。

 買い物でもらったレシートには番号がありまして、2か月に1回(奇数月の25日)に抽選を行います。末等の200 NTD(約600円)から一等200万NTD(約600万円)まで当たるチャンスがあります。さらに、特別賞も時期によって抽選し、1000万NTD(約3000万円)当たるかもしれないのですね。

 そのため、台湾ではレシートを捨てたらもったいないです。観光客もパスポートを提示すれば、賞金の引き換えが可能なので、台湾旅行に行く機会がありましたら、手元にあるレシートをチェックしてみてください。

 今後もこのように、メルマガ等を通して、少しずつ台湾のことを青森市の皆さんに発信していきます。
 また、台湾に関する講座も開催しますので、是非参加していただければと思います。
 これからよろしくお願いいたします。

 それでは、また次回のメルマガに会いましょう!




青森市メールマガジンをご利用いただき、ありがとうございます。
登録の変更や利用停止の手続は、次の画面からどうぞ。

○青森市ホームページ
http://www.city.aomori.aomori.jp/mailmagazine-riyou.html
○携帯サイト「青森市mini」
http://www.city.aomori.aomori.jp/koho-kocho/keitai-mini/top/mailmagazine.html


-編集・発行----------
企画部広報広聴課
青森市中央1-22-5
TEL:017-734-5106
----------------------

  • 登録日 : 2021/04/21
  • 掲載日 : 2021/04/21
  • 変更日 : 2021/04/21
  • 総閲覧数 : 10 人